受験勉強

夏休みに受験勉強をしてない人へ...モチベーションを上げる方法5選!

投稿日:

「夏休みなのに受験勉強してない・・・」

こんな中学生や高校生はかなり多いと思います。

受験生の実感がない人、やらないといけないのは分かってるけど出来ない人、などこの手の悩みは必ず抱えるもの。

そこでここでは「受験勉強をしてない」人向けに、モチベーションを上げる方法について紹介します!

少しでも、受験勉強をするやる気につながれば幸いです。

夏休みに受験勉強をしてない人へ...モチベーションを上げる方法◯選!

受験勉強をしてない人には”2パターン”いると思います。1つは”様々な理由でやる気が出ない”パターン。もう1つは”目標設定がふわふわしている”パターン。それぞれの解決策やアドバイスをしていきます!

【その①】勉強の成果はすぐに求めてはダメ!

受験生にありがちですが...「こんなに勉強したのに、どうして模試の結果(成績)が良くならないの!?」

こんな思いや経験ってないですか?

ですが、これはあまり良くないコトだと言っておきます。

何故かと言うと・・・

  • 自分の勉強した場所が、都合よく問題に出るとは限らないから
  • 出題範囲を広く抑えないと、点数は安定しづらいから
  • 成績は”途中から上がる”ものだから

もちろん、暗記系の教科は割と目に見えて成果が分かったりしますが、他の教科はそうでもなかったりします。

なのですぐに成績が上がらないからやる気を無くすのではなく「勉強した質」を重視するといいですね。

ココがポイント


◯勉強した成果はすぐに求めるのはNG!
◯範囲が広い分、都合よく点数が上がるケースは少ない
◯成績よりも勉強の質に自信を持つコトが大事

【その②】時間じゃなく、勉強した”質”を目標にする

受験生と言えば・・・

「1日に◯時間やるのが一般的!」

「夏休みに受験生は◯◯◯時間やるのを目標にしよう!」

こんな感じで「勉強時間だけ」に目がいってしまう学生も多いと思います。

が、これもあまり良くないので、あまり時間だけにフォーカスしないようにしましょう!

大事なのは「その日に何を自分のモノにしたか?」です。むやみに10時間やったところで「その10時間しっかり身についたモノ」が無ければ、ただ時間を消費しただけに過ぎません。

なのでモチベーションを上げる意味でも「勉強した質」を目標にするといいでしょう!

具体的には

  • 1日に取り組む問題数を決めてノルマにする
  • 量もやたら多くせず、継続しやすいギリギリの設定にする
  • もちろん、慣れたら少し増やすようにしてもOK

「今日は英語の長文を1セット集中してやる」「数学の問題を1ページ分しっかり身につける」など、やるべきコトを決めておけば集中して取り組めるので、自分の力になりやすいです。

またしっかりと目標をこなしたら「遊ぶ」ことも出来ますす。

もし遊んでも「自分は今日、しっかり学習した事が身についてる」という自身もあるので、罪悪感もなくなります。

その一方で「もう少しくらいなら出来そう」という考えになるのも大事だと思ってます。

嫌々やるのではなく、自分から自発的にやるので良い循環が生まれますからね!

【その③】塾を利用してみる

どうにも自分で目標を設定出来ない、集中出来ない人は「塾を利用する」のも手です。

ココがポイント


①同じ受験生がいるので、自然と勉強する意識が持てる
②集中してやる分、ダラダラやるよりも力は付きやすい
③志望校・勉強の目標設定を塾に相談もできる

塾に行くのは成績を上げるためでもありますが、どちらかと言うと「志望校に向けて頑張れる環境」に身を置けることのほうが大きいと思ってます。

どうしても1人でやるとだらけやすいですし、誰も見てないので罪悪感も湧きませんからね・・・

中学生の話ではありますが、自分も塾に行って「受験の為に頑張ろう!」という環境に身を置けたのは本当にデカかったです。周りがどんどんやるので、自分もやらねば...と自発的に勉強をしますからね!環境の有無は勉強に限らず本当に大事ですよ。

【その④】志望校のオープンキャンパスに参加

イマイチ受験生の実感がない人は「オープンキャンパス」へ行くのもありです。

自分が実際行くことで、そこの大学生活を何となくでもイメージはしやすくなります。

また「行きたい大学のために努力をする」ということを改めて認識する機械にもなるハズです。

(なにか目的があってその大学に行くと思うので・・・)

実際、自分のやりたいことをイメージ出来るとモチベーションはかなり上げやすいと思いますよ!

何となく志望校を決めて勉強をする...これだとなかなかモチベーションは上がりません。なので場合によっては他の志望校に変えるという選択肢も出てくるかもしれません...。将来を考えても、なんとなくで志望校を決めるのは後々後悔しますから・・・

【その⑤】かならず”勉強しない時間”を作る

受験生だからといって、長い時間ぶっ通しで勉強しても集中力が持ちません!

受験勉強で大事なことは「いかにして試験までやる気をキープ出来るか?」だと思います。

(もちろん”成績を上げる”ことも大事ですが、それは”勉強を継続した先”で得られることです!)

そのための手段として「勉強しない時間=息抜きが出来る時間」を設けることはとても大切。

【その②】と組み合わせてうまく勉強と息抜きのメリハリがつけられるといいですよ!

この記事のまとめ

今回の内容をかんたんにまとめると

  • 勉強の成果はすぐに求めないコト!
  • 勉強時間ではなく勉強した質を大事にする
  • 塾で半強制的に「受験ムード」の環境に身をおくのも手
  • オープンキャンパスで再度、気持ちを奮い立たせるのもよし!
  • 息抜きの時間は必ず作る!根を詰め過ぎはNG

受験は本当に長い戦いになってきます。

なのでいま一度意識して欲しいのは「いかにして当日までモチベーションを維持出来るか?」というコトです。

勉強をして成績を上げるのも大事ですが、それは結局「勉強を続けてこられた結果」得られる成果だと思うから。

夏休みは長いので、改めて「自分が受験勉強をする原動力になるのはなんだろう?」ということを考えてみるのもいいと思いますよ!

-受験勉強

Copyright© さまばけHR , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.