自由研究

【夏休み】自由研究でプログラミング!まとめ方のコツは?【小学生向け】

投稿日:

今年も夏休みのシーズンがきましたね!

夏休みと言えば「自由研究」ですが・・・

2020年から学校で「プログラミング授業」が始まりますよね。

なので、自由研究のテーマに「プログラミング」を選ぶ子もいるかもしれません。

そこで今回は

  • 「プログラミングのまとめ方ってどうすれば・・・?」
  • 「小学生で出来るプログラミング学習って何があるの?」

という内容を紹介していこうと思います!

【夏休み】自由研究でプログラミング!まとめ方のコツ【小学生向け】

①自由研究に選んだ「きっかけ」や「理由」をかく

まずは自由研究にプログラミングを選んだ「理由」「きっかけ」を書きます。

扱うテーマにも寄りますが

  • 「学校と違うプログラミングをやりたかった」
  • 「ロボットについてもっと知りたいから」
  • 「◯◯が動く仕組みが気になったから」

など、自分の気持ちや思いをそのまま書くと良いと思います。

小学生なので、そこまで凄い動機を書こうとしなくて大丈夫!

②自由研究の「ねらい」や「目的」も書こう

次にプログラミングの自由研究をする「ねらい」「目的」を書きます。

これも、自分がやるテーマによって変わるのですが

  • 「ロボットをうまく動かせるようにする」
  • 「◯◯の仕組みを勉強する」
  • 「今後、どういったことに役に立つか考える」
  • 「■■のことをもっと知りたい」

といった内容でOKです。

③「作る」「組み立てる」流れをまとめる

次に書くのは「作る流れ」や「組み立ての手順」

ロボット系であれば、組み立てる順番を「写真」で撮り、まとめるといいですね。

ゲームを作る、文字を表示させるなら、その手順を一通り載せます。

こちらも出来れば写真があると、わかりやすくていいですよ!

④実際に「うまく動いた」「完成した」かチェック!

実際に、自分が作ったプログラミングを動かします。

そして、正しく動いたのかどうかをまとめます。

  • 「1回目では◯◯の動きをして、うまく動かなかった」
  • 「正しく動いたが、△△が少し気になった」
  • 「ちゃんとプログラムしたのに、思うような動きをしなかった」

ここで大事なのは「失敗」した時に、「どこが良くなかったのか?」に注目すること。

そして、うまく動かすために「どこを直したのか?」も書けるともっと良いまとめ方になります!

⑤「大変だった点」「自分で気づいた点」を振り返ってみる

プログラミングの自由研究をやる上で「大変だったこと」「気づいたこと」も書きたいですね。

例えば・・・

  1. 「意外と自分が思うような動きをしないことが多かった」
  2. 「※※のプログラムでミスをするのが目立っていた」
  3. 「なので、※※の確認は毎回やるのが大事だと感じた」 

といった風に、自分が苦労したこと、失敗から学べたことを書けると良いです!

もしくは

  • 「今回学んだことは、◯◯に役立ちそうだと思った」
  • 「この自由研究は☓☓の解決に使えそう!」
  • 「今回の実験を使うことで、●●が作れるのでは?」

こういった「次に繋がるまとめ方」も、自由研究のまとめとしていいですね!

⑥「今後の目標」を考える

最後は、プログラミングを通じて「今後の目標」を書いてみましょう。

  • 「次回は失敗しないように動かす組み方を編み出したい!」
  • 「今回学んだことから、次は■■を作ってみる!」
  • 「◆◆を普段の生活に活かせる方法を調べてみたい!」

やはり「何かの目標」があると、子どもはよりやる気を出して取り組めます。

自由研究を通して、自主的に何かを学ばせる力を育てることにも繋がりますよ!

【ロボット】小学生向けのプログラミングセット5選

①【初心者なら】ロボットプログラミング大作戦

  • 「本+教材なので、効果的&理解しやすい」
  • 「内容も”子供レベル”に合わせている!」
  • 「初めての人が取り掛かりやすい」

まず紹介するのは「ロボットプログラミング大作戦

本に載ってる内容に沿って、プログラムが作れます。

また事前に「本」が付いてくるので、別に書籍を買う必要もありません!

「目で見て作れる」から初めての人に親切な教材となってます。

②【5種類の勉強が出来る】うきうきロボット プログラミングセット

  • 「5種類の遊び方が出来る!」
  • 「ロボットを作ってみたい!という子にオススメ」
  • 「初めての人は”ガイドブック”を買うといいかも?」

次に紹介するのは「うきうきロボットプログラミングセット

5種類と言いましたが、実際は自分のオリジナルロボットも作れるとのこと!

ロボット作成に興味がある子にはうってつけの教材です。

1つ注意するのは「人によってはガイドブックが必要になる」こと。

心配な人は、前もって用意する必要があるかもしれません・・・。

③【遊びながら学べる!】スパークプラス

  • 「自分のアイデアを再現することが出来る!」
  • 「ボール状ですが、使い方は多種多様」
  • 「初心者~上級者が満足できる教材に!」

次は「Sphero SPRK+ (スパークプラス) プログラミングロボット

見た目はただのボールですが・・・学べることは多いです!

迷路をさせたり、線を描かせたり、水に浮かせて動かす・・・など。

遊び方や学び方が”1つ”に留まらない点は非常にオススメ。

また「耐久性」もあるので、誤って少し高い所から落としても問題なし!

④【ダンスもできる?】インテリジェン(人形ロボット)

  • 「動多種多様な動きで子供の興味を引ける!」
  • 「ロボットを動かすことが好きな子におすすめ」
  • 「リモコンで動かすので、自分の好きなように遊べる!」

次は「インテリジェン 人型ロボット

なんとこのロボット「ジェスチャー」「ダンス」「歌う」などが出来ます!

動かす時は「リモコン」を使い、自分の好きな順番でロボットを自由に操れます。

場合によっては「障害物を避けながらプログラムを組む」といった遊び方も出来ますね。

⑤【自由研究以外にも便利!】embot(子供向けの知育ロボット)

最後は「 教育・知育ロボット embot(e-Craftシリーズ)」です。

  • 「タブレットを使ってプログラミングが学べる!」
  • 「ロボットも子供に組みやすい設計に」
  • 「苦手意識を無くして、興味を持たせるには最適な教材!」

「子供にプログラミングの興味を持たせるのが難しい・・・」

こういった悩みを持つ家庭にはぜひオススメしたいです。

初めは「目で見て学ぶ」ことから始められるので、途中で投げ出すことが少なくなりますよ!

全体的に「難しすぎない」ことを重視し、「いかに子供の興味を引けるか?」に特化したおもちゃだと思います。

ただ・・・子だけでなく、親の人も

「プログラミングに詳しくないから、自由研究のまとめ方を教えられない・・・」

こういった不安を抱えることもあるでしょう。

そこでオススメしたいのが、「プログラミングスクール」なんです!

【朗報】プログラミングのまとめ方をサポートするスクールが話題に【ママ必見】

プログラミングのスクールに通う子が年々増える理由・・・それは

  • ①そもそも子供に教えられる親が少ない
  • ②学校だけの授業で理解できるのか不安・・・
  • ③スクールの先生から自由研究のアドバイス・まとめ方が聞ける【重要】

無理にずっと通う必要はないと思います。

「夏休みの期間だけ・・・」それだけでも、子どもの自由研究のまとめ方について解決できます。

そんな夏休み向けの「プログラミングスクール」をいくつか紹介します!

(※夏休みであれば塾と同様「お試し期間」がある所も多いですよ!)

【小学生向け】ロボットプログラミング教室【エジソンアカデミー】

  • 体験サービス:あり
  • 対象は「小学4~6年生」向け
  • とにかくロボット好きならオススメ!

「ロボットに興味がある」ならこちらがおすすめ。

「ペットロボット」「2足ロボット」「動物型ロボット」など様々です!

もちろんプログラミングも一緒に学べる教室となっています。

プログラミング教室なら、エジソンアカデミー

【低学年向け】パズル&ロボットのプログラミング教室

  • 体験サービス:あり
  • 対象は「小学1~3年生」向け
  • パルズ・ロボット・プログラミングを学べます

低学年でプログラミングを勉強するならココ!

パソコンを使いながら、プログラミングを学びます。

パソコンの操作も簡単で、慣れない子でも心配ありません!

小学1年生からのプログラミング教室なら、自考力キッズ

【自宅向け】オンラインプログラミング【D-SCHOOL】

  • 体験サービス:あり(2週間)
  • ゲーム好き・ロボット好き向け
  • 「小学3年生」より前も大丈夫!

マイクラなどのゲーム、あるいはロボット好きな子向けの教室です!

上の2つと違うのは「自宅でプログラミングを学べる」こと。

パソコンの環境が必要なので、そこだけは注意です。

勉強の際には「スマホ・タブレット」で大丈夫とのこと!

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

この記事のまとめ

今回の内容をかんたんにまとめると

  • まとめ方は、選んだきっかけや目的を第1に書く
  • その中で、気づいたことや次の目標、失敗談も書こう
  • テーマ探しは「工作キット」がオススメ!
  • 不安な人は「プログラミング教室」を検討するのも手!

2020年から本格的に学校で「プログラミング」を勉強します。

子供だけでなく、親の人も少なからず知識や興味を持っておいて損はないと思います!

ぜひ、自由研究の参考にしてみてくださいね!

-自由研究

Copyright© さまばけHR , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.