夏休みの宿題

【夏休み】宿題が終わらない...実用的な言い訳4選【マネしてOK】

投稿日:

夏休みの最終日、誰もが考える「宿題への”言い訳”」

間に合わないと分かると、次に大事なのが「先生に何て言うか?」だと思います。

実際には・・・

  • 「後少しだったのに、ギリギリ終わらん!」
  • 「なるべく怒られない理由が知りたい・・・」
  • 「出来ればたくさんの時間を稼げる言い訳がほしい(汗)」

なので、ここでは

「夏休みが明けた日に使える実用的な言い訳◯選」

を紹介します。

今回だけ、何とか乗り切る助けになればと思います!

【夏休み】宿題が終わらない...実用的な言い訳4選【マネしてOK】

※どの先生にも通じるわけでもありません!

【言い訳①】宿題を◯◯(遠い場所)に置いてきました!

まず言い訳として便利なのが「遠い場所に置いてきました」シリーズ。

中でも特に実用的なのが

  • 電車
  • 親戚の家(他県が望ましい)
  • 出かけた先の施設系

実際「電車」であれば、数日経つとなかなか見つからないものです・・・。

親戚の家に置いてきた系も便利ですよ。

遠ければ遠いほど、取りに行く時間も稼げますから!

同じ理由で、出かけた先の施設に置いてきた系も悪くはありません。

見つかると保管してくれる所もありますが、見つからずにそのまま行方不明...ってことに出来ますから。

【言い訳②】宿題を無くしました!

次に使えるのが「宿題を無くした」パターン。

(実のところ”置いてきた”系とほぼ同じです...)

家にずっといると使えませんが、どこか遠くに出かけた場合は使えます!

例えば

  • 親戚の家で宿題を進めようと思ったけど、帰りには消えてた
  • 泊まりで◯◯に行ったけど、帰る頃には無くなっていた!
  • 新幹線(電車)に乗ってたら、宿題のカバンが行方不明...

みたいな感じですね。

【言い訳③】飲み物をこぼして汚しました!【実体験あり】

続いては「◯◯をこぼしてしまった!」シリーズ。

定番なのが”ジュース”ですが、これはまあまあ怪しまれやすいです。

実は、自分の同級生も似た言い訳を使っていました。

が、しかし、その同級生は”味噌汁”をこぼしたことを言い訳に使ってましたね・・・。

(今思うと、あれは本当にこぼしてた気がしますが)

しかも、問題集の"3分の2"くらいをまんべんなくスープで豪快に・・・。

おかげで答えの欄なんて何が書いてあるのかさっぱりな状態です。

半分近くまで、やってあればそれなりの効果がある言い訳かもしれません!

【言い訳④】正直に打ち明ける【※重要】

最後の手段は「素直にやってないことを打ち明ける」です。

言い訳でもなんでもないですが、何だかんだ先生も”大目”に見てくれます!

仮に夏休みの宿題が終わらなくても

  • 一瞬だけ注意される
  • 居残りをしてやる
  • ちょっとした”罰当番”をやる

とかいった程度のものです。

今回のまとめ

今回の内容をかんたんにまとめると

  • 置いてきた・忘れてきた系は何かと便利
  • こぼした系は現実味がある!
  • 場合によっては”素直に打ち明ける”ことも大事

言っても、夏休みの宿題を忘れても大したことないです。

居残りをするとか、ちょっと叱られる程度で済んだりします。

ぶたれるとか、暴言を浴びせられるわけではないので、気楽に考えましょう!

-夏休みの宿題

Copyright© さまばけHR , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.