夏休みの宿題

【朗報?】2019年に夏休みの宿題制度がなくなる?その真相を暴露!

投稿日:

夏休みの宿題がついになくなる?

首相が夏休みの宿題制度をなくすコメントをしたってマジ?

そんな噂や情報を聞いたことがありますか?

どうも、ネット上では「夏休みの宿題がなくなる!」という情報が出回っているようです。

学生にとっては嬉しいことですが...(笑)

実際のところ、本当なのでしょうか?

ここではその真相について追ってみようと思います!

2019年に夏休みの宿題制度がなくなるって本当?

夏休みの宿題がなくなる制度はウソ!

まず結論を言いますと・・・夏休みの宿題がなくなるという噂はウソです!

残念ですが、そういった制度になるのはいまのところありません。

学生さんは「ガッカリ・・・」

両親の人は「なんだ安心・・・」したかもしれません。

では、そもそも何故このような噂がネット上で広がったのでしょう?

夏休みの宿題がなくなる噂が広まったワケ

何故、夏休みの宿題がなくなるという噂が広がったのか?

その理由は「SNSで投稿された”ある画像”が拡散された」がきっかけでした。

その話題となった投稿と画像がコチラです。

※画像はコラです

安倍首相に加え「夏休みの宿題をなくす」というテロップがあるので、騙された人は多いかも?

また「ミヤネ屋」で流れてる風にも見えるので、ますます信じやすいですよね(汗)

しかし正直なところ、学生にとって夏休みの宿題がなくなるのは嬉しいこと。

学生時代はだれもが夢見たのではないでしょうか!

実際、夏休みの宿題が今後なくなる動きはあるのでしょうか?

夏休みの宿題がなくなる可能性はある?

これも結論を言うと

現時点ではなくなることはない!

と思われます。

ただ、今の教育環境や家庭環境を考えると、最終的になくなる可能性も...十分あります。

例えば・・・こういうことが実際に起きています。

  • 「塾の課題を優先させたいから・・・」
  • 「こどもの習い事のほうが大事なので」
  • 「夏休みにみんなが同じ宿題をする意味があるの?」

といった声が親御さんだけでなく、”学者”の人たちからも声が上がってます。

では実際、夏休みの宿題をなくすのは問題あるのでしょうか?

宿題を無くすことの問題点についても、少し触れてみます。

夏休みの宿題をなくすデメリット【意外と知らない】

学習内容を忘れてしまうのでは?

まず1番に心配するのが「覚えた内容を忘れるのでは?」ということ。

実際のところ、宿題は「学校で習ったことを復習する」ためにやることが多いです。

その機会がなくなるのは確かに問題ですよね(汗)

自分が分からないところが分からないまま

次に心配なのは「勉強で分からないところが分からないまま」になる点。

そもそも宿題は全員に”同じ”ものが渡されます。

なので、自分がどこまで理解できているのかが分かりづらいです。

例えば・・・

  • 「基本はわかるけど、応用問題が分からない」
  • 「そもそも基本的な内容もわかってない」
  • 「理解してるようで実はよくわかってなかった」

加えて「問題集の答え」も一緒に配られますよね?

いつの時代にもいますが「答えを丸写し」して終わらせる子もいます...。

(※わたしの時代も普通にいましたね・・・)

そうなると子どもはもちろん、親や先生さえも「どこが理解できてないのか?」がわかりません。

塾に通う子どもが増えてしまう可能性が

そして最後に「学習する機会がないので、塾に通わせる家庭が増える」こと。

一見、「塾に通わせて勉強するなら良いことでは?」と思います。

しかし、これは「塾に行くことができない子の学力」に格差が生まれる原因になります。

実際、親の経済力で学力に差が生まれることは研究結果にも表れています・・・。

この記事のまとめ

今回の内容をかんたんにまとめると・・・

  • 夏休みの宿題をなくす噂はウソ!
  • ただ今後、そのような制度が生まれる可能性はあり
  • 一方で、宿題をなくすデメリットも無視できない・・・

学生にとっては無くしてほしいですが...。

両親の方にとってはやや複雑な問題かもしれませんね~。

個人的には「個々に合った宿題・課題を出すほうが良いのかな?」と思ったり。

-夏休みの宿題

Copyright© さまばけHR , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.