バイト

【マジ?】夏休みで大学生がバイトで稼ぐ金額は?平均◯万円は普通?

投稿日:

大学生の夏休みといえば・・・そう”アルバイト”です。

長い休みを利用して、お金を稼ぐ人は多くなりがちですが”こんなコト”が気になると思います。

  • 「大学生ってバイトで平均いくら稼いでるの?」
  • 「バイトの給料やシフトの平均を知りたい」
  • 「そもそも、何の目的でそんなにバイトしてるの?」

そこで今回は、そんな疑問について触れていこうと思います!

「自分のバイトの給料やシフトは普通なのか?」ということを見直すきっかけにもなれば幸いです。

【マジ?】夏休みで大学生がバイトで稼ぐ金額は?平均◯万円は普通?

大学生は夏休みにバイトで平均いくら稼ぐの?

出典:タウンワーク

まず見て欲しいのは「夏休み中のバイトの平均額」です。

大学生の約8割近くは「3~15万円以内」バイトで稼ぐことが分かりました!

一方で、約2割の子は「15万円以上」稼いでいるなんてことも・・・

では実際、どれくらいのシフトに入っているのかも見ていきます。

大学生がバイトに入る平均シフト数は?

大学生が普段、バイトに入ってる平均シフト数は「週3日」

時間はだいたい「4~5時間」あたりですが、夏休みに入ると増やす子もいるでしょう!

(夏休みならシフトは週5もめずらしくないです)

あるいは夏休みということで、バイト先から頼まれるケースもあると思いますね~。

では、大学生がそこまでして「バイト代を稼ぐ理由」って何なのかについて見ていきます!

夏休みに大学生がバイトでそれだけ稼ぐ理由は?

「なぜ、大学生が夏休みにバイトを頑張るのか?」

その理由について、実体験も混じえつつ紹介していこうと思います。

【理由①】旅行(留学含む)にいくため

一人旅をする、カップルで行く、友だちと行く...さまざまありますが、旅行に行く大学生は本当に多いです。

ここがポイント


◯やはり大学生になると”時間”が取れる
◯お金の面でそれなりにかかってしまう
◯海外旅行は”留学”の目的もある

普段行けない場所の旅行は「大学生の夏休み」ならではの特権です!

時間もありますし、お金の面もバイトでまとめて資金を稼ぐことも出来ますからね~。

また海外旅行はさらに何かとお金がかかるもの。

自分が通っていた大学は「語学系」だったので、夏休み中に留学用のお金をバイトで稼ぐ子も結構いましたね。

もしかすると「旅行系の会社に務めるため」という学生も少なからずいるのではないでしょうか!

【理由②】好きなモノを買うため

大学生になるとお金を使うコトが一気に増えるかと思います!

分かりやすいのは「洋服(ファッション系)」ですね。

大学生になってオシャレに気を配る子も多いと思います。

中には「ギター」「スマホ」「車」といった高額なモノを買うためにバイトに励む子もいます。

(自分の大学では車を買うためにめっちゃバイトを詰め込む人がいました...!)

自分でお金を稼ぎやすい分、その使いみちも増えるってコトです。

【理由③】趣味のため

【理由②】と似ていますが「自分の趣味のため」にバイトを頑張る子も多いです。

  • 音楽
  • 映画
  • 語学学習
  • 読書
  • 食べ歩き
  • プログラミング
  • スポーツ、などなど...

大学生はとにかく「自由な時間」がかなり増えますから、趣味を持つ人は多いハズ。

趣味と言っても、いろんな用途でお金が必要になるんですよね・・・

(機材や道具、教室を習いに行くお金だったり...)

費用の差はあれど、趣味のためにバイトで一気に稼ぐことは不思議な事ではありません。

【理由④】遊びのため(飲み会なども含む)

そして...「とにかく遊ぶ!」ためにバイトをする学生もいますよね!

大学生は「飲み会」に行くことが増える子もいますからね。

またこれまで紹介した「アウトドア全般」なんかは、すべて遊びに入ってくると思います。

何回も言ってますが、大学生になると途端に「出来るコト」が増えます。

それに伴って、必要なお金も自然と増えていくのですよ・・・(汗)

夏休みにバイト代を増やすコツとは?

夏休みを使って「バイト代をいっぱい稼ぐぞ!」と考える学生は多いです。

なので、バイト代をうまく増やすコツもいくつか紹介するので、参考にしてみてください!

【コツ①】短期(単発)バイトをうまく入れる

ココがポイント


◯高い給料を「日給」で貰えてお得!
◯1日だけなら、シフトにも影響が出にくい
◯掛け持ちは無理だけど、特定の日だけ別のバイト出来る子向け

夏休みになると「短期バイト」の募集が一気に増えます。

「1日だけ~数週間のみ」と決まった時期だけ出来るのが特徴ですね。

特に「単発バイト(1日のみ)」であれば、比較的シフトに入れやすい上に、日給も高いのでバイト代を増やすにはもってこいです。

(1日いくだけで8000~1万円はザラですよ!)

【コツ②】お盆の時期にシフトに入る

バイト先によっては「特定の日に入ると時給が上がる」ところもあります。

夏休みであれば、お盆の日に休みたい人はそれなりにいるものです。

(特に”主婦”の人が多く働いている場所はそういう傾向が強い)

夏休みに限らず「年末」に出ると時給が上がったりするので、覚えておくとお得ですよ!

【コツ③】家で出来る在宅ワークを探す

バイトではなく「在宅ワーク」に応募するのもオススメです。

ココがオススメ!


◯初心者でも出来る案件がある
◯単発~長期と自分の好きなモノだけ選べる
◯依頼をこなすだけなので、時間に縛られないで済む

大学生であれば「アンケート」「趣味の記事を書く」この2つが手を出しやすいと思います!

もし大学で「このスキルが活かせそう!」というものであれば、そちらを狙うのも良し。

特に何かの専門学校に通っているなら、その分野を活かした案件を探すといいですね。

「絵を描くのが得意」「英語の翻訳が出来る」「PCでライティングが出来る」など、ちょっとしたスキルが意外とお金になるケースはあるものです。飛び抜けたスキルじゃなくてもいいので、気になった人は1度見てみてはどうでしょう!?

大学生でバイトをしないのは普通ではない?

1部の大学生には

「大学生だけどバイトしてないのはマズイの?」

「もっとバイトのシフトを多くしたほうがいいの?」

と不安・疑問に思う人もいるでしょう。

(実際、自分も大学1年生の時はバイトをやってなかったです!)

一口に「バイトをしてない・あまりやらない」と言っても、色んな事情の人がいますからね。

  • 大学生になったばかりで、初め時が分からない
  • 趣味・欲しいものがそんな無いから、やる必要がない
  • 自分の時間のほうが大事
  • 副業(在宅ワーク)の方が稼げるので...

大学生は時間があるのでバイトをやりがちですが、それなりの理由や目的があれば周りに流されなくてもいいと思います。

もちろんバイト経験は就活のネタになるのは確か!でも、自分の目標ややりたいコトがある程度固まっているなら、それに時間を使うのも正しい選択。あるいは必要なだけバイトをして、残り時間は好きなコトに集中するのも1つの選択肢だと思いますよ。(自分もそんな感じだったので!)

この記事のまとめ

今回の内容をかんたんにまとめると

  • 夏休みに大学生はバイトで「約3~15万円」ほど稼いでいる
  • シフトの平均は「週3日」夏休みなら「週5」も多い
  • 短期バイトやお盆に働いてバイト代を増やすのも手!

何となく「バイトで稼ぎまくる子」はすでに何かやりたいことが決まっているイメージです。

「ほどほど稼ぐ子」はバイトよりも他にしたいコトや、大事にしているコトがあるように思えますね~。

もちろん、人によっては「シフトを増やしたいけど増やせない...」状況にあるかもしれません(汗)

なので、無理に周りに合わせてシフト数やバイト代を増やす必要はないですよ!

-バイト

Copyright© さまばけHR , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.