夏休みの宿題

【高校生編】夏休みの宿題が終わらない4つの理由!解決策はコレだ!

投稿日:

「夏休みの宿題が終わらない・・・」

これを不安に感じる親、ウンザリする親もいるのではないでしょうか?

また、実際に宿題が終わらなくて困っている高校生がいるのもまた事実。

ここでは

  • 「高校生で夏休みの宿題が終わらない理由って?」
  • 「宿題が終わらない解決策とは?」

について紹介していきます。

「今年こそ、宿題が終わらない!」なんてことがないようにしたいですね!

【高校生編】夏休みの宿題が終わらない4つの理由

【理由①】夏休みの宿題の量が多すぎ!

まず定番の理由とも言える「宿題の量が多すぎ」問題。

よくある高校生の夏休みの宿題と言えば

  • ワーク(問題集)類
  • 読書感想文(作文)
  • プリント系
  • 技能教科の提出物(美術や家庭科がメイン)
  • 何かのレポート系

※実際はこれがいろんな教科に割り振られることが多い

宿題の量が一気に増えることでどうなるのかと言うと・・・

  • ”多い”というだけで、やる気をなくしてしまう
  • 量が把握出来ておらず、本人もどうしていいか分からない
  • ”2種類”の宿題がるので、宿題の優先順がわかっていない

「量が多い」だけで、打ちのめされてしまう子も多いです。

なので、その辺の意識を変える必要がありますね!

【理由②】部活が忙しい( or 忙しすぎる)

これも高校生になると更に多くなりやすいです。

一口に「部活が忙しい」といっても色んなパターンがありますね。

  • 【例①】部活の拘束時間がかなり長い
  • 【例②】時間は普通だけど、体力がなくなる
  • 【例③】単に”言い訳”に使っている

①はすこし稀ですが、②は結構あるのではないでしょうか?

部活関連は、状況によって解決策が変わります。

まずは「どれに近いのか?」を確認するのがベストですよ!

【理由③】休みが多いので、後回しにしやすい

これは高校生だけでなく、小中校でありえることです!

(※実際、人は時間に余裕があるほど後回しにしやすくなります)

夏休みは基本的に長いです。

なので、その分心の何処かで「まだ◯日もあるから大丈夫」と考えガチ。

これについては「どこかのタイミング」でエンジンをかける必要がありますね。

【理由④】勉強がそもそもわかっていない

実はコレ、見逃している人がいると思ってます。

そもそも内容をしっかり理解していれば、サクサク終えることが出来るからです。

逆に勉強の内容がわかっていなければ

  • 躓くことがすでにわかっている
  • また聞ける人、教えてくれる人もいないことも知っている
  • 結果、やる気になれない

こんな感じになりやすいです。

「分からないままだからやる気が出ない」

これは高校生だけでなく、誰にもありえることです。

【高校生編】夏休みの宿題が終わらない解決策はコレだ!

【①の解決法】まずは”リスト化”することから!

「とりあえずリスト化してみる」

これをすることでこんな良いことがあります!

  • 全体像が”目”に見えて分かる
  • 出来た・出来てないものがハッキリする
  • 印を付けると、やる気UPにもつながる

また、夏休みの宿題は”2種類”あります。

  • 作業系(ワーク・ノート・プリント系など)
  • 創作系(感想文・作文・レポート・技能系など)

これを分けるだけでも、かなり効果はありますよ!

【②の解決法】部活を辞める【最終手段】

【例①③】については最悪、「部活を辞める」ことも視野に入ります。

宿題以外のことで時間を奪われる以上、宿題をやれる時間がないからです。

酷な解決策ですが、部活以外でやる方法を探すのもアリかもしれません。

【例②】については、本人次第でどうにかなります。

  • 疲れてるなら、その日のノルマだけは消化する
  • 早起き・寝る前の30分だけでもやる
  • 特定の日に一気にやって、部活の日はサボっても◯な状況にする

特に宿題をやる量を前もって決め、ノルマ化するのはオススメ。

次の【解決策③】で詳しく触れていきます!

【③の解決法】作業量を小さく&とにかく習慣化

宿題の作業を細かくすることもおすすめですよ。

取り掛かる労力を最小限に出来るので、”継続”もしやすいです。

これをやる上で気をつけたいのは

  • 1日、◯ページだけやること(※固定化させる)
  • 時間をノルマにするのはNG
  • とにかく”続けやすい”目標にすること

大事なのは「やる気0→やる気1」にシフトさせることです。

考えるだけで、気が参っちゃうような目標設定はオススメしません!

【④の解決法】塾に行かせる/ネット検索

塾に行かせる、これも1つの手です。

ただし、成績を上げるためではなく、分からないことも分かるようにするためです。

実際「分からないからやる気でない」子も多いと思います。

自分も同じような経験で、「分からない→分かるようになる」ことでやる気がUPします。

(※1度分かると、嘘みたいに問題が簡単に見えるから)

また塾じゃなくて「ネット検索」もありだと思います。

「同じ問題ってそう見つかるものなの?」と思いがちですが・・・。

  • 問題集なら「知恵袋」「掲示板」などで聞ける
  • 感想文やレポートも、アドバイスやアイデアを聞ける可能性が
  • 意外と”自分に合った”解説がもらえる可能性もある

常に多くの色んな人が見てますから、結構オススメです。

問題集だけでなく、その他の宿題の目からうろこな情報がGET出来るのは大きいかと!

この記事のまとめ

  • まずは宿題が終わらない原因をさぐろう!
  • 原因がわかったら、それに合わせた解決策を考える!
  • 特に【理由④】は親も高校生も注意!
  • 意外と「ネット検索」は便利だからオススメ

色んな理由・事情があって夏休みの宿題が終わらない高校生はいます。

親も高校生も、まずは「宿題を終えるために重要なことは何か?」をまず考えるようにしましょうね!

-夏休みの宿題

Copyright© さまばけHR , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.