読書感想文の書き方

【5枚も無理】中学生に恥じない読書感想文の書き方とコツ【構成例も】

投稿日:

中学生にとって夏休みの「読書感想文」はかなり苦痛な宿題ではないですか?

小学生のころは、何とか適当に文字を稼いで凌いだ子もいると思いますが・・・

そこで今回は、中学生に恥じない「読書感想文の書き方&コツ」を紹介します!

  • 「中学生らしい読書感想文の書き方っどうやるの?」
  • 「原稿用紙5枚も埋まらない・・・」
  • 「こんな感想文じゃ、学校に提出できん!」

といった中学生たちの参考になればと思います。

【5枚も無理】中学生に恥じない読書感想文の書き方とコツ【構成例も】

【大前提】本選びは適当に決めてはダメ【超重要】

意外と多いのですが・・・本選びは適当に決めてはいけません。

というのも、感想文をそもそも書きにくくなるからなんです・・・

  • 「おすすめ!って書かれてたから選んだ」
  • 「有名な本と聞いて、これにした」
  • 「賞が取りやすい本だと聞いて・・・」

これは「あなたの好きな本」ではありません。

少なからず「自分が興味のあるテーマ」についての本を選びましょう。

(スポーツ好きならスポーツ系、好きな作家がいるならその人の本、などなど)

【コツ①】本を読む前に「構成メモ」を作ろう

「本を決めたから、早速本を読むぞ!」となりがちですが・・・

まずは読む前に、”構成メモ”を作りましょう!

どういうものかと言うと、こんな感じのメモです。

  1. 自分がこの本を選んだ”理由”
  2. 読む前と読んだ後の自分の変化
  3. 印象に残った場面・セリフ
  4. 自分と主人公の似ている点
  5. 自分と主人公の違う点
  6. この本のテーマや読者に伝えたいこと
  7. この本で同意(共感)できる点
  8. この本で同意(共感)できない点
  9. 【高レベル】身近な出来事にからめる

このあたりをメモに書いてから、いよいよ本を読んでいきます!

【コツ②】メモを意識しながら本を読む

先程、用意したメモを意識しながら読書感想文の本を読みます。

一気に読んでからメモするのもいいですが、ほとんどの子は「あれ?前半ってどんな話だったっけ?」となる可能性があります。

なので、適度に読みつつ、構成メモに当てはまる部分があれば、こまめにメモを取りましょう。

めんどくさいなら「ふせん」を使って印を付けるでもいいですよ。

もちろん本のテーマによっては書きにくい構成もあるので、そこは無視します。

【コツ③】構成の順番を決めて、感想文を書こう

本を読み、構成メモがだいたい書けたら本格的に「感想文」を書きます。

ただ、いきなり書いてもまとまりのない感想文になるので・・・

書く前「構成の順番」を決めてから書くと、スムーズに書きやすくなりますよ。

構成の順番の例を1つ挙げるので、参考にしてください。

●読書感想文の構成例
【①自分がこの本を選んだ理由】
・私がこの本を選んだ理由は◯◯だからです
【②この本のテーマや伝えたいこと】
・この本のテーマは「■■■」についてだと思います、なぜなら~
・この本が伝えたいことは「◆◆◆」です、その理由は~
【③この本を読んで同意(共感)できる点】
・この本で私が共感したのは△△△の部分です、何故かと言うと~
【④この本を読んで同意(共感)できない点】
・私が共感できなかったのは※※の場面です、なぜなら~
【⑥この本で印象に残った場面やセリフ】
・この本を読んで、心に残ったのは◯◯の『◯△◇』というセリフでした
【⑦読む前と読んだ後の自分の変化】
・私はこの本を読むことで、☓☓☓の考え方が変わりました
・今後は、XXXについてもっと知られるべきだと思いました

順番としては「本を選んだ理由」は冒頭にしたら、あとは割と自由でいいと思います!

【コツ④】「書き出し」のパターンを知ろう

読書感想文の「書き出し」のパターンについても紹介します。

基本的に「本を選んだ理由」でいいのですが、中には少し印象に残る書き方をしたい人もいると思います。

だいたい書き出しの書き方もパターンがあるので、参考にしてくださいね。

【パターン①】◯◯ってみなさん知っていますか?

読む人の心を掴む、便利な書き出しです。

例えば・・・

  • 「◯◯(数字)、この数字、何を表しているか分かりますか?」
  • 「■■■、この言葉を聞いたことはあるでしょうか?」
  • 「なぜ
  • △△△があるのか、皆さんは知っていますか?」

何か相手に問いかけたくなる内容があれば、使ってみましょう。

【パターン②】本のセリフを”引用”する

次は「登場人物が言ったセリフ」を引用する書き出し。

この方法を使う上で気をつけたいのは「インパクトのあるセリフ」を引用できるかです。

またその引用から、自分の感想や意見に繋げられるかどうかも大事になりますね。

もし「これだ!」と思うセリフがあれば冒頭で紹介する書き出しも悪くないかと!

【パターン③】疑問文で始める

次は「疑問文」を始めに出す書き出し。

これは本を読む中で自分が「なぜ?」と思うようなことがあればおすすめです。

  • 「なぜ、戦争は続くの?」
  • 「なぜ、いじめは起きるのか?」
  • 「なぜ、◇◇は減らないの?」

疑問文から、その答えにつながる内容が書ければ、こういった始め方もありですね。

【パターン④】感情を少し”大げさ”に表現する

最後は「自分の感情を”大げさ”に表現する」書き出し方。

例えば・・・

  • 「この本に会って、わたしの価値観が変わりました」
  • 「今までこの本を読まなかったことを後悔してます」
  • 「■■を読んで、※※の本当の怖さを知ることが出来ました」

少しオーバー過ぎるかもしれませんが、それほど何か心に響くものがあればおすすめです。

この中では、やり方次第では「1番読む人の印象に残る」書き出しですね。

【コツ⑤】あらすじがメインにならないように!

よくやりがちなのが「あらすじが感想文の大半を占める」こと。

これはあまり、評価が良くないですし、当然賞にも選ばれません。

小学生からこの書き方に慣れてると、中学生になっても無意識にやる可能性があるので注意!

一方で、あらすじが全く無いのもNGです。

なぜなら、読む人にとっては「この本は何について書いてるのか?」を知りたいからです。

※あらすじは「本の中身について”簡潔にまとめる力”」を見るところでもあります

この記事のまとめ

今回の内容をかんたんにまとめると

  • 本選びはかなり”大事”!
  • 感想文を書く前に「文の構成メモ」を作ると◯
  • 感想文はメモを見ながら組み立てて書く!
  • あらすじは大事だけど、多すぎはダメ

読書感想文の書き方なんて、学校ではあまり教えてくれないと思います・・・。

(自分も当時、教わらなかったです)

ただ、書き方さえ分かれば、原稿用紙5枚分書くのはそこまで難しくはないハズ!

パッパッと終わらせて、快適な夏休みライフを過ごしてくださいね!

-読書感想文の書き方

Copyright© さまばけHR , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.