夏休みの宿題

【中学生編】夏休みの宿題が終わらない4つの理由!解決策はコレだ!

投稿日:

「中学生で夏休みの宿題が終わらないのは普通!?」

夏休みの宿題が終わらなくて、心配になる親もいるのではないでしょうか?

小学生ではなく、中学生になると頭を抱えたくなるものです。

ここでは、中学生のお子さんが

  • 「夏休みの宿題が終わらない理由って?」
  • 「中学生の息子/娘が宿題をやるにはどうすればいいの?」

ということについて紹介していきます。

「どう解決していいか分からない中学生 or 親の方」必見です!

【中学生編】夏休みの宿題が終わらない4つの理由

【理由①】そもそも宿題が多すぎる!手の付け方がわからない!

「宿題が多すぎて、どれから手を付ければ・・・」という中学生、実は結構います。

実際、中学生の宿題ってこんな感じだと思います。

  • ワーク(5教科分)
  • 作文(読書感想文)
  • ノート◯ページ(1冊の学校も)
  • 自由研究
  • 技能科目の宿題(美術や家庭科など)
  • その他(レポート系がある学校も?)

実はこれと合わせて【理由②】も大きく関係しているんですよね(汗)

【理由②】”創作系”の宿題がめんどくさい

実は、夏休みの宿題って大きく”2パターン”あります。

かんたんに分けると

  1. 作業系「やることが単純・”答え”がある宿題」
  2. 想像(創造)系「やることが複雑・考えることが必要」

その中でも”創造系”の宿題は、自分で1から色々考えてやらないといけません。

その手間や労力が、作業系よりも大きいので「後回し」にしがち。

結果、夏休みの最終日近くまで手を付けない人も・・・。

【理由③】遊びや部活に時間と体力を奪われる

中学生になると、より一層「遊び」や「部活」に熱中しやすいです。

(中には”全国大会”を狙う部活もありますからね・・・)

そうなるとこんな感じになりやすいです。

  1. 午前中(もしくは午後も)遊びや部活
  2. 家に帰るのが夕方前後
  3. 家に帰ってもクタクタ状態
  4. 結果、宿題をやる体力すらない(そのまま寝る子も・・・)

【理由④】学校の勉強を理解できていない【※致命的】

これは「(問題の内容が)わからないから、やる気が出ない」とも言えます。

実体験ですが、自分は中学の頃、全く英語がわからなかったです。

(※文法が特にチンプンカンプン)

なので、英語の宿題や夏休みのワークは本当にやる気でませんでした。

後述しますが自分の場合、わかるようになった途端やる気になった経験があったんですよね。

【中学生編】夏休みの宿題が終わらない時の解決策は?

【①の解決法】夏休みの宿題を”リスト化”しよう!

夏休みの宿題が多すぎる解決法は「リスト化」すること。

またリスト化する上で

  1. 作業系の宿題
  2. 創造系の宿題

に分けると、もっとわかりやすくなると思います。

特に「作業系」は、集中してやればわりとスムーズに終わります。

【②の解決法】まずは”作業系”の宿題を終わらせる【実体験】

作業系の宿題は、とりあえずやりさえすれば終わります。

もっと言えば、一気にやれなくても、小分けにするだけでもOKです。

”継続力”が必要ですが、小分けにすることで1回1回の負担も少なくなります。

逆に”創造系”の宿題は、やる前に事前の準備などもあるので・・・中々取り掛かりにくいです。

次で触れますが、小分けにすることで”ある心理状態”にすることも・・・。

【③の解決法】作業を細かく分ける

実はコレ「作業系・創造系の宿題」どちらにも使えます!

  • 【問題集】→1日1ページだけやる
  • 【読書感想文】本決め→本を読む→原稿に書く
  • 【自由研究】テーマ決め→情報収集→作成

こんな感じで、一気にやらずにその過程を1つ1つに分けます。

こうすることで、下のようなメリットがあります。

  • 宿題に取り掛かるハードルが低く感じる
  • 1つ1つをこなせば、結局”作業系”と同じになる
  • 【重要】ハードルが低い分、逆に物足りなさを感じさせる

実は【重要】の部分が意外と大事です。

なぜなら、人ってあっさりその日のノルマを終えると

「もう少しくらい出来そうだから、やっておくかな・・・」

「あれ?意外とすぐ終わりそう...後でラクしたいから◯◯までやるぞ!」

こんな感じで「自発的」にやるように誘導できたり。

もちろん、親から上手くおだてて”乗り気にさせる”のもいい手です!

【④の解決法】塾に通う/家庭教師を考える【実体験】

これ、自分も同じ経験をしたからわかるのですが・・・

「塾に通う」「家庭教師から教わる」のはかなりオススメです。

(教えられるなら親が教えるのも◯!)

そもそも塾や家庭教師って”成績を上げる”だけが目的ではないです。

むしろ

「わからないことがわかるようになる」

これをお子さんに体験させるほうが、よっぽどその子の為になります。

自分の実体験をもとに見てみると・・・

  1. まず英語がついていけなくなる
  2. 夏休みの宿題をやる気ダウン(解き方がわからないから)
  3. 塾に行くことを勧められる
  4. 先生の教え方が良く、次第に分かるように
  5. 最終的に、むしろ英語が1番得意になる

この「4→5」のステップが本当に大事だと思います。

「分からないままだから、嫌になる」

これで勉強しない、引いては宿題をしなくなる子は多いと思います。

この記事のまとめ

  • まずは宿題が終わらない原因を知ろう!
  • 原因を知ったら、解決のアプローチを!
  • 個人的に”細かく分ける”方法はオススメ!
  • 中には”分からないからやる気でない”子もいるので注意!

いろんな理由で宿題が終わらない子がいます。

一口に「やりなさい!」ではあまり効果がないことを覚えておきましょう。

「何が原因で終わらないのか?」が子ども自身が分からないこともあるものですよ・・・。

-夏休みの宿題

Copyright© さまばけHR , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.